教育・子どもの25年史 第1回

今、日本社会は明治維新、第二次世界大戦終結後、と同じ位の大きな社会的節目に差しかかって来ています。教育の世界でも学力問題、青少年による凶悪事件、援助交際・覚せい剤の拡がり等の非行問題、いじめ、不登校、学級崩壊、校内暴力、LD・ADHD・アスペルガー(広汎性の発達障害)などの軽度の発達障害、虐待問題等、様々な新しい子どもの問題が起っています。

これらの教育問題や生徒指導問題を考える時、子どもの心理を理解することと、その親(保護者)が学んだ時代の社会状況や学校生活を理解する二つの大きな視点が必要になると私は考えています。

なぜ、そのような視点が必要なのでしょうか。前者は98年(平成10年)栃木県黒磯市で起きた女性教師殺害事件以降、昨年、6月に長崎県佐世保市で起きた小学6年生女児殺害事件までに多発した青少年による凶悪事件を振り返ると、どの事件に共通することは、今まで逮捕・補導暦もない普通の少年が、些細なことで突然キレて、相次いで殺害凶悪事件を起こしたことです。これらの事件は、我が国の少年犯罪の歴史上、過去にはなかったことです。

これからも対人関係のスキル不足から起きる人間関係のストレスを避けるため、精神的に楽な行動として、インターネットやアニメなどの仮想社会に心の居場所をつくる若者や子どもが増えることが予想されます。ですから、このような少年犯罪は今後も増えることが考えられます。佐世保事件で明らかになったように、加害女児は精神鑑定を行っても、精神病理的なことは何一つ見つかりませんでした。言葉を変えると、ごく普通の小学生がある日、突然、インターネット上の些細なトラブルが原因で、級友をカッターナイフによって学校内でいきなり殺害したことになります。今までこんな事件は起らなかったので、多くの人は大変、大きな衝撃的なショックを受けました。

今を生きる子ども達のおかれている社会状況や環境は、私達、大人が利潤追求することや大人にとって都合の良い合理性を求めるために作り出したのかもしれません。しかし、子ども達は、その影響をまともに受けて育っています。この社会状況を作り出した私達大人は、社会的責任上、子ども達の壊れやすい心を理解し、支え、育てなおす義務があります。そのことによって、今後、起るかもしれない類似した事件を未然に防ぐ、予防に繋げて行く努力をしなくてはなりません。

後者は大人達の問題です。離婚率と幼児及び児童虐待の急増は何を意味しているのか。また、教師にとって、関わり方が難しい親(保護者)がなぜ増えているのかという、表裏一体の二つの問いに、真剣に考えて行かなければなりません。

教師対親の関わりの難しさは同時に、親子関係も大きく変容してきている現われなのかもしれません。子どもだけではなく、親のおかれている社会状況や環境も、同時に理解していかなければ、学校教育に対する親が持つ、不信感や不満感は分かりません。それが分からなければ本当の意味で生徒指導やカウンセリングは出来ません。また、広義に考えれば、学校教育そのものが出来なくなってしまうのかもしれません。

このシリーズでは、子ども達が起こした凶悪少年事件やいじめ事件・不登校問題などを軸にして、親が小中学生の時代(25年前)までさかのぼって、もう一度、その意味や背景について検証していきます。そのことによって、先生方には明日に繋がる学校教育や生徒指導のあり方を、親にとっては子どもを育てる楽しさや素晴らしさの、両方のヒントになっていくことが出来るかもしれません。

(牟田武生NPO法人教育研究所理事長)