投稿者「admin@admin」のアーカイブ

卑怯者の心理 牟田武生ブログ|不登校中学生の親ブログ紹介サイト特別編

若者の車離れが進む

最近、NHKテレビの朝のニュースで「自動車が売れない。なぜ・・・」という特集を見た。その分析として、自家用乗用車の保有者平均年齢が40代中半になり、以前までの30代後半から変化が起っている。(高齢化社会の影響もあるが・・・)

これが、意味する問題として、若者の車離れが進んでいる。若者にとって,車は移動手段の道具であって興味や魅力あるアイテムではなくなった。それに変わり、インターネットやパソコンが魅力的なモノになっていると分析していた。

その心理

ひと昔前の若者はお金を貯めて、最新型のスポーツカーやGTに乗ることが夢だった。お金がなく夢が実現出来そうもない時は、中古の格好が良いそれらのタイプの車を買い綺麗に磨き上げ、改造したりして乗ったものだった。

そんなお気に入りの車を仲間に自慢する。これはひとつの自己表現であり、みんなから「すげぇーなぁー、カッコいい」と車を褒められると、自分が褒められたと錯覚し、自己満足感とともにみんなからイチモクおかれた気分になる。自分の中身で中々勝負できない若者は持ち物やファッションで、他人との違いを勝負する心理はいつの時代でもある。

経済の高度成長期は「隣の家の車は小さく見えます・・・」トヨタカローラのテレビコマーシャル(ニッサンサニーは1000CC、トヨタカローラは1100CC)がヒットした。他人と差をつけることで、優越感を感じる心理を購買欲に結びつけた。

バブル経済時代はスペシャルティカーのソアラやシーマが売れた。(カローラよりクラウンの方が販売台数を上回った。)他人とモノによって差をつける。ブランド志向の定着だ。
しかし、脱工業化時代の「成熟化社会」はモノで勝負しても仲間からは注目を惹かない。さらに言うならば、仲間もいない。ごく少数の知り合いがいるだけの人間関係の希薄な現実社会は個として疎外された社会でもある。

そんな社会になればなるほど、若者は自分を誇示したい。存在を証明したい。だけれど、できれば、他人に分からないように(暴走族がマスクをして顔を隠すように)実名ではなく、匿名で、すぐに、結果が出るもので「すげぇー、カッコいい」と他人に思われたい。

どのような時代でも、この心理は全ての若者にはあったが、現実社会で自分存在が認められることが多い社会では現実と仮想(匿名)の乖離は少なかった。

匿名社会の代表選手は・・・

自分の安全性は確保して、相手(クラスメート、近所の人、知っている人など)を面白可笑しく笑いものにする。または、攻撃を仕掛ける。相手の自尊心を傷つけ、ネット社会から退散させることを目的に相手を炎上させる。被害を受けた子どもはこれが原因で不登校やひきこもりになることもある。

現実社会でこのようなことをやれば、卑怯者になり、自己嫌悪になるが、仮想社会では“あそび”と認識しているから、何とも思わないのが普通である。

親は携帯電話を伝達道具と認識しているが、実はインターネットの端末であるという認識は薄いからどうしようもなのが現状だ。

不登校の中学生の子を親は救おうと思わなくていい

不登校中学生の親の方のブログ紹介サイトの管理人です。

 

 

今回はanjuuさんの「ウチの不登校」です。

 

不登校中学生親ブログ

 

不登校の中学生の子を親は救おうと思わなくていい

 

長女の方は現在高1ですが、中2~3年の時に不登校を経験されています。

anjuuさんは次女を含め4人暮らしです。

 

当時の気持ちを

「『救いたい』という気持ちになってしまっていました。」

と振り返っています。

 

 

不登校になっているのだから、当然だと思います。

 

今思えば、と続けて・・・

 

「娘を救えないことにがっかりしたりクヨクヨしたりしていました」

とも言っています。

 

 

何のことでしょうか?

 

 

anjuuさんは

 

「娘の辛さを何とかしようと思わなくていい。

 

そう思わないことが娘のためになる。

 

私が思えば思うほど、娘の辛さが増す。

 

娘の問題を解決できるのは、娘自身です。」

 

と説明しています。

 

 

不登校の中学生と親は気持ちでつながっている

 

お母さんと娘さんの気持ちはつながっているから、

 

お母さんがなんとかしようとすると、かえって娘さんが圧力を感じてしまう。

 

今の生活も心理状態もマイナスにある時に

 

お母さんの圧力を受けて、娘さんがかえって気持ちを暗くしたり

 

できるはずのことができなくなることにもつながっていってしまう。

 

このようなことを伝えたいのだと受け取りました。

 

 

もしも、お母さんと娘さんが背中合わせで離れないで生活をしていたら、

お互いのことは背中の感触と言葉でしか伝え合えないですね。

 

肌がくっついていると、相手の気持ちが乗っているのあ、それとも落ち込んでいるのかが簡単にわかります。

 

気持ちがつながっているって、こういうことかもしれません。

 

 

 

 

参考「ウチの不登校

 




不登校から中学校での再登校へ、予備校の寮生活に親の心配

不登校中学生の親の方のブログ紹介サイトの管理人です。

 

 

今回はくるみ みるくさんの「あの角を曲がれたら」です。

 

不登校中学生親ブログ

 

学校に行くことの当たり前さと不登校の大変さ

 

くるみ みるくさんははじめに、

「小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。

学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。」

と振り返られています。

 

当たり前に、玄関で靴を履いて、荷物をもって

出かけてくれたいいのに・・・。

 

そんな思いもあって

 

中学2年生になった息子さんは

発達障がい、不登校を乗り越えて継続登校されてきました。

 

そのころ、再登校し始めて

「お世話になった人たちに感謝の思いを忘れずに、これから出会う人たちに私たちがもらった温もりを「恩送り」できるようにしたい」とつづられています。

 

 

くるみ みるくさんのスタンスは

「学び続けることで見えてくるものは何か。」です。

 

学び続けること。

 

 

子どもの不登校のことや親のかかわり方など。

 

 

その延長で

家庭教育相談士という民間資格の取得にも挑戦されています。

 

 

 

ラインでのやり取りが親子をつなぐ

 

次男の方は予備校の寮に引っ越し、自分で起きて、食堂で準備された食事をとり、

生活を始めたそうです。

 

これまでお母さん任せだった洗濯も自分で。

 

次男の方は偏食ですが、寮のごはんを食べているそうです。

 

「ただ夕食は6時に準備されているため、講義を全て受けて帰宅したころには

 

冷たくて、硬くて、美味しいとは言えないようです

 

はじめて来たLINEに「朝晩クソまずかった」」と。

 

それを周囲りがどうしているのかも見て、自分なりに行動し始めました。

 

今後を応援したくなります。

 

 

参考「あの角を曲がれたら