軽度発達障害の子どもの支援 第6回

チェックリストをつけてみた

チェックリストなどを使う場合があると思います。いろいろなものがあると思いますが、文科省全国調査の時に用いたものなどはよく使われています。全国調査の結果については、文科省のホームページで見てほしいと思います。

場合には、血液検査で出てくるような代物でもありませんし、知能テストのように数字で表せるようなものではないのです。すべては行動観察なのです。そうすると、観察の結果は先生ごとにバラバラになります。

例えば、1人の子どもについて、担任の先生にチェックリストをつけてもらったとします。養護教諭の先生、学年主任の先生、教頭先生にもつけてもらいました。

同じ1人の子どもなのに、結果はみんな違うのです。行動を見て判断しますので、基準が違うのです。「落ち着きがない」と見る人がいれば、同じ行動でも「元気がある」と見る人もいるということです。

観察する人によって基準が違うので、複数の目で見てほしいと私は思っています。

「こういうこと言えるよね」「そうだよね」という感じでチェックしてもらうのです。

「よく見られるんじゃない。こういう行動は」というように話をしながら、チェックしていけば、かなり正確になるのではないかと思います。

それから、他の問題や他の障害との関連を考えてみる。例えば、ADHDに関するチェックリストだけを用いると丸がつく子がいたとします。子は実はアスペルガーだった場合、かなりの項目に丸が付いたりします。これでは、どちらが問題か分からないのです。

知的に遅れがある場合には、忘れ物が多いとか、授業中、ぼーっとしているということがあるわけです。しかし、それは、ADHDで不注意優位型の問題ではなく、知的に全体が遅れていて、そういう状態だということも十分考えられるわけです。

このように、ADHDの部分だけのチェックリストで判断するということは危険だと思います。

ある県で全学級調査を行いました。チェックリストを神経症、ADHD、LD、知的な遅れなどが出るようなチェックリストを使いました。

そこで興味深い結果が出ています。それは、ADHDやアスペルガーのいずれか1つの欄に、丸が多くつく子どももいますが、ADHDの欄とアスペルガーの欄の両方についたりする子が結構いました。

このようにほかの障害、ほかの問題との関連を考えないと、間違ってしまいがちです。ADHDのチェックリストだけを用いて、まるがいっぱいついたからADHDではないかと捉えるのは少し早すぎると思います。

(花輪敏男元山形県立上山高等養護学校校長)

軽度発達障害の子どもの支援 第5回

何度言っても変わらないときは

 

何度言っても変わらないというようなことがあったら、もしかしたら、「LDやADHDなどのような問題を抱えているかもしれない」という視点が必要かと思います。

何も「LDはこういう状態だ」「ADHDはこういう状態だ」という目で子どもをチェックしてみましょうということではなく、「何となくそういうことが気になる」とか「いつも同じことを言っている」「あの子は一生懸命漢字のドリルなどをやっているけれども、どうも定着しない」というようなことがあった時に、もしかしたらこういうことがあるのかもしれないというようにに見てほしいということです。

それから、二次障害の防止です。これは、例えば、忘れ物が多いとか衝動的な行動があるとか、そういうことに対して適切に対応していくことがまず第一です。それと同時に、セルフエスティーム(自己肯定感情)を育てていくことだと思います。

「気づき」のところとつなげて説明します。気になる子どもたちの実態把握ということです。

診断は、あくまでも医療サイドで行うものです。LDは教育的概念ですので、学校でできます。概ね2学年以上の遅れということですので、ていねいに見ていけば、判断できると思います。しかし、ADHDや高機能自閉症に関しては、医療サイドで診断を行うことは覚えておいていただきたいと思います。

学校などの教育の場では、教育的診断が必要だということです。レッテルを貼ることではありません。診断名を付けることでもありません。特性を知り、特性に対して、適切に対応するために、いろいろ実態を調べることです。

中には、こういう校長先生もいます。校長先生は、「保護者の方に受診を勧めているけれども、なかなか病院に行かないのです。診断はまだ出ていません。です

から学校では何もしていません」と言うのです。

これはおかしなことです。ADHDであろうが無かろうが、やらなくてはならないことはやらなくてはいけないのです。

純粋なLDやADHDをいろいろ対象とすることは、研究所や大学などの話であり、学校はもっと生々しいわけです。はっきりとは言えないけれども、そういう特徴があるとか、よくわからないけれど問題を持っているとかいうのが、生身の子どもであります。それが、「診断が付かないから学校はやらない」というのはおかしな話です。子どものニーズに応えていくという教育の立場を貫かなねばならないと思います。

(花輪敏男元山形県立上山高等養護学校校長)

 

軽度発達障害の子どもの支援 第4回

国の調査ではADHD出現率2.5%

 

ADHDの話に移ります。こんなお子さんがクラスにいませんか。

授業中、落ち着きがなく授業に集中できない。あるいは、席を立ったり、時には教室から出ていってしまうことがある。指名されていないのに出し抜けに答えてしまう。

中学生でも授業中にいきなり答えてしまったり、些細なことでカッとなってしまう子です。

ADHDというのは、不注意・多動性・衝動性の3つを特徴とするものです。

出現率についてはまちまちですが、文科省の全国調査ではADHDの分野については2.5%という数字が出ています。これは、あくまでも可能性であり、担任がチェックリストをチェックした結果です。後、個別に本人に会わないと診断はできないのです。ADHDは男女差があり、また、合併しやすい障害があります。LDと大変合併しやすく、30~50%は重なっていると言われて
います。

学校における対応ですが、まずは「気づき」ということが大切です。それから、2次障害の防止、これら2つが大きな仕事だと思います。

まず、脳の機能障害からこのような行動をとらざるを得ない、とってしまう子が「いる」ということをまず認めてもらいたいと思います。

だいぶ広まってはきましたが、「私はADHDの勉強をしました。本も読みました。よく知っています。でもこの子は違うんです」と言う先生が多いのです。

「やはりこの子はおかしい」あるいは「親が悪い。あの家庭だから」という声がなんと多いことかと思います。頭の中では、こういう子どもがいるということを理解しているのだけれど、目の前の子については認めないというケースが結構あります。

それから、気になる子や何となく気になる子が、「もしかしてADHDかな」「LDかな」ということも念頭に置きながら見てほしいということです。生徒指導についても、「もしかして、こういう問題を抱えていたのかもしれない」というように見てほしいと思います。

もっと言うと、私は校長先生にはこのようなことをお願いしています。

校長先生が通信簿を点検しているとき、誤字脱字などばかり見ないで、「1学期落ち着きがない。2学期落ち着きがない。3学期も落ち着きがない」あるいは「1年生の時にも忘れ物が多い。2年生でも忘れ物が多い。3年生でも忘れ物が多い」というように書かれているならば、ちょっと疑ってほしいとこういうことです。

通信簿あるいは指導要録の所見欄に、同じようなことがくり返し書かれているということであれば、何かあるのかもしれないというように見てほしいと思います。

(花輪敏男元山形県立上山高等養護学校校長)