不登校のお子さんと向き合いながら一歩ずつ進んでいるお母さん

不登校中学生の親の方のブログ紹介サイトの管理人です。

 

 

今回はnono2514さんの

「これからどうする不登校と向き合う日々」です。

不登校中学生親ブログ

 

ついつい不登校の子に期待してしまうのが親

不登校になり初めのころは

 

休んだ曜日を数えたり、

 

学校に行くと本人が一言でもいえば、

 

明日は登校してくれるだろうと期待したり

 

とジェットコースターにでも乗っているような

 

アップダウンの大きい気持ちでいる方が多いです。

 

 

nono2514さんもその一人。

 

「娘は金曜日も学校へ行けず。

 

今週は、月曜日だけ登校して、火・水・木・金曜日は、行けませんでした。」

 

 

期待してはいけないと思う反面、

 

期待してしまうのも親の本音です。

 

不登校の我が子に言っているつもりの親

そして。。。

 

 

お子さんに言っているお母さんの一言が、実は自分に対して言っていたりすることがあります。

 

 

「来週は頑張ろう!と娘とは話しましたが、毎週そんな話をしているような」

とあります。

 

 

でも、「頑張ろう」以外に言葉が見つからないですね。

 

 

どうしたらよいのか。。。

 

 

答えのない問題に向かっているような

 

気が遠くなるような

 

 

でも、目の前に娘はいるのだし・・・。

 

 

 

nono2514さんは焦る気持ちも含めて

ブログを書いていらっしゃいます。

 

 

続きを読むことで、応援したくなるブログです。

 

 

 

参考「これからどうする不登校と向き合う日々

 




不登校のまま中学1年の3学期が始まる~親の本音

不登校中学生の親の方のブログ紹介サイトの管理人です。

 

今回は

美加さんのお母さんの「美加の不登校日記」です。

 

不登校中学生親ブログ

「不登校やめて中学校へ行ってくれないかな」は、親の本音

 

正月の休み明けから学校に行ってくれないか・・・。

 

不登校の我が子にそう期待するお母さんも多いはず。

 

美加さんのお母さんもその一人でした。

 

でも。。。

 

 

「いつもの時間に起きて来ないぞ?

 

(((ノ゚Д゚●)ノナゼ??

 

 

 

どうしたのだろう・・・?

 

|´・ω`・*|何ョォ・・・

 

 

 

「時間だよ。起きないと間に合わないよ」

 

 

 

布団を被ったままだ・・・?

 

(;´・ω・)σ なにそれ・・・

 

 

 

「ほら、起きて!」

 

 

 

起きない・・・?」

 

 

怪しい気配。

 

 

親も不登校の中学生に我慢ばかりではいられない

とうとう、お母さんの堪忍袋もプツン!!

 

 

「あの日、私は布団を窓から外に放り投げた

 

 

「ちょっと!何するの?!布団かえして!」

 

 

 

やっとしゃべった」

 

無言だった美加さんも話さざるを得なくなりました。

 

 

でも、まだ寝ようとする美加さん。

 

中学生にもなると、お母さんよりお子さんの方が体が大きいことはよくあります。

 

美加さんもお母さんより体が大きいため

力づくとはいかずに結局寝られてしまいました。

 

 

 

何か、無力感?!!

 

不登校の中学生のお子さんと格闘しても、期待通りにはならない

ことをあらかじめ覚悟していきたいものです。

 

 

 

 

参考「美加の不登校日記

 




不登校中学生が動画サイトより夢中になれるもの

不登校中学生の親の方のブログ紹介サイトの管理人です。

 

今回はチョコさんの

「だれでも必ず、自分にしか果たせない使命がある☆日々のブログ☆」をご紹介します。

 

不登校中学生親ブログ

 

 

中3の長女は軽い発達障がい(B2:特別支援学級)、中1の次女はHSC(人一倍敏感な子)で気質と様々な恐怖症あるそうです。

 

チョコさんは前向きに

「日々いろいろあるけれど、すべてのことに意味があると思って輝いていきたい。」

ともコメントされています。

 

中学不登校の次女が夢中になれるのは

「次女はアコースティックギターに夢中 ☆No.90」

では、次女の方の不登校について書かれています。

 

 

「ゴールデンウィークまでは毎日登校し部活動も頑張っていましたが、

ゴールデンウィークから再び不登校になりました。」

 

 

その後・・・。

 

 

次女の方は

ギターを購入したギターに夢中に。

 

さっそく、チョコさんは次女の方と楽器屋に行き、

チューナー、クリーナー、DVD付きのアコースティックギターの教本を購入しました。

 

母としての発見が・・・。

 

「いつも動画ばかり見ているのに、ギターに夢中です。」

 

 

夢中になれるものがあるっていいですね。

 

学校に行っていても行けていなくても。

 

 

お友だちがギターを教えてくれることになって、一緒に弾く約束もしているとのこと。

 

 

一安心ですね。

 

 

 

参考「だれでも必ず、自分にしか果たせない使命がある☆日々のブログ☆